津山連続放火犯は元消防団員か!?

まるで安物のドラマみたいな展開です。

実は岡山県の津山市では昨年(2017年)から連続放火と思われる火事が28件も発生していたのです。

そして今回、空き家に放火したとして逮捕された男が今年8月まで地元の消防団に所属していたという絵に描いたような話です。

まだ、連続放火もその男の犯行かどうかはわかりませんが、警察はそう睨んでいるとのことです。

今までの現場は半径2.5kmの範囲に集中しているそうで、人の出入りが少ない建物が多くあることなど地域の事情に詳しい者の犯行との見方が有力でした。

地元消防団にいたならその辺りの事情に詳しいでしょう。

現場は津山市の吉井川南岸地域で狭い範囲なんですよ。
まあ、のどかというか田舎らしい地域で、そんな所で放火などしていると目立つだろうと思われるのですが、この男なんと時間差で発火するよう偽装工作もしていたそうです。

くどいようですが、まだ連続放火犯と特定はされていません。

しかし、少なくとも逮捕の直接の理由になった犯行についてはかなり用意周到に行ったようです。

消防団にいたのなら、消防の手順や警察の動きなどにも詳しいでしょうから裏をかき易かったのかも知れませんね。

とりあえず地元住民はほっとしたと安堵の声を漏らしているそうです。