地面師に狙われた積水ハウスのぬるさ

岡山にも積水ハウスの工場があるので悪く言いたくはないのですが、やはり「ぬるい」と言わざるを得ないような気がします。

55億円ですか、よくも取られたもんですね。

地面師とは、他人の土地を勝手に転売したりして不当に利益を得る詐欺師のことです。
地面に関する先生、ではありません。

さて、積水ハウスは何故ぬるいか。

この詐欺グループ、他の不動産業者にも件の土地売買の話を持ちかけたそうですね。
それも2社です。

どちらの業者も最初は飛び付いたそうです。

東京の都心、それも一等地に600坪もの土地が手付かずで存在しているということで、以前から業界では噂になっていたようですが、それがおよそ30%ダウンで買えるとあって交渉を始めていたそうです。

しかしその際、どちらの業者も所有者を名乗る女を写真や動画に撮っていたそうです。
そして、その画像を持ってその土地の近所の人に聞き合わせをしたところ、所有者の女性は全くの別人であるとの回答を得たとのことです。

つまりは旨い話には気を付けろの基本に則り、慎重にも慎重を期して取引に臨んでいたのです。
そして被害に遭うことを未然に防いでいたのです。

そこで積水ハウスの対応が問題視されると私は、思うのです。

そこまで慎重に相手の身元確認をしなかったのか。

あるいは組織が大き過ぎるが故の隙があったのか。

責任部署の長は課に任せ、課は係に任せっきりにしていたのでしょうか。

それとも「うちの会社を騙すようなやからがいるはずがない」と最初から疑いを持つ意識すらなかったのでしょうか。

天下の積水ハウスを騙しに来る人間などいるはずがないと。

そこらあたりが「ぬるい」と言わざるを得ないところだと考えます。

それにしても今どき、まだこうした犯罪が横行しているのですね。

何やら高木彬光さんの「白昼の死角」を彷彿とさせますね。

しかし、あの小説は戦後のどさくさ期の話でした。

東大生が高利貸しを始めるところから物語は始まり、やがて主人公が希代の詐欺師として悪の道で成功して行く話です。

もっとも高木氏によれば、この話はある実在の人物から経験談として聞いたとのことですが、その人物の名が明かされることはありませんでした。

話が逸れましたが、こんな科学もシステムも発達した時代に、顔をさらして相手を騙しに行くなんてアナログな犯罪が行われていること自体がある種驚きです。

しかし報道によればこのグループ、やはり戦後から数十年に渡ってこのような地面詐欺を行っていたようですね。

劇場型と言うか、本当に小説を地で行くような話です。

恐らくはこの1件だけであろうはずはなく、警察がどこまで余罪を追及できるか見守る必要がありそうです。