沢田研二ドタキャン理由は「客少ない」!

やっぱり、という感がありますね。

岡山から私の知り合いも行ってたんですけどね。

歌手の沢田研二さんが10月17日のコンサートを開演1時間前にドタキャンした騒動ですが、当日は主催者側から「契約上の理由により」としか説明がなかったそうです。

翌日になって沢田研二さん本人が
「9000人入ると聞いていたが7000人しか入らない。約束が違う。」
と中止の理由を語りました。

もっとも、客席が埋まらないのは「自分の実力不足」とも語っていますから責任の一端は自分にあるとも認めていたらしいです。

それでも、
「僕にも意地がある。スカスカの客席では歌えない。」
と語っていたそうですからやはり疑問符を付けざるを得ません。

意地はあっても責任感はないのか?

7000人のファンの心は踏みにじって良いのか?

どうしたジュリー!?

会場だった埼玉スーパーアリーナは元々35000人ものキャパがあるらしいのですが、そこを1万人程度の規模に絞りこんで今回のコンサート用に準備していたらしいです。

主催者側は9000人は集まると説明していたらしいですが、どうも当日までの状況を見ると7000人程度しか集まらないと見込まれたそうです。

それを聞いたジュリーが激怒したとか。

集まらないなら歌えないと。

実は14年前にも同じような騒動があったのです。

やはり会場が埋まらず開演直前にコンサート中止になったのです。

沢田研二さんはある種ポリシーとして
「満席にならないと歌わない。それが無理なら最初から断ってくれ。」
と事務所側には常々言っていたそうです。

わからないじゃありませんが、それでも7000人ものファンを集めることができるんですから十分プライドは保たれていると思うんですけどね。

一流の芸能人なんだから、ファンあっての自分という立場がわかっていないとは思えないんですけどね。

奥さんの田中裕子さんがまたどこかで頭を下げるのでしょうか。

私、ファンなんですけど。

残念です。