巨人が弱い原因は補強ベタ!川相氏退団で拍車か!?

2018年の巨人の野球は完全に終わりました。
クライマックスシリーズ第2ステージで広島カープに対して1勝もできず敗退、高橋由伸監督も辞任と相成りました。

ま、こんな結果になるんじゃないかなというのは大方の予想だったでしょうね。

そもそもペナントレースで3位、それもギリギリ滑り込みのCS進出ですからここから日本シリーズ出場、日本一を目指すなどおこがましいと言わざるを得ません。

いつから何故巨人は弱くなった!?

それにしても巨人は弱くなりましたね。

私なんぞは世代的に「巨人、大鵬、玉子焼き」の時代育ちですから寂しい感じがします。

なぜ巨人はこんなに弱くなったのでしょうか。

いや、もちろんそりゃ時々は優勝するんですよ。
だから昔の広島カープのようにセリーグのお荷物というレベルの弱さではありません。

しかし、一時の常勝巨人からするとなんとも頼りないチームになってしまった感があります。

素人なりに原因を考えてみると、やはりひとつは補強下手ということが挙げられるのではないでしょうか。

FAが始まって、今まで巨人に移籍した選手の中で期待通りの活躍をした選手が何人いたでしょうか。

FA第1号の落合博満はまあ、さすがの活躍振りでした。

そして、印象に残るところでは、清原和博もそれなりの存在感を示しましたし、小笠原道大の貢献度は大きかったでしょう。

ピッチャーでは工藤公康も優勝請負人の異名通り活躍したと思いますし、川口和久も貴重な左の先発として活躍しましたね。

しかし、もっと印象に残るのは期待通りの活躍ができなかった選手たちです。

鳴り物入りで巨人に移籍した広沢克己、江藤智、村田修一などそれぞれ前球団で4番を張っていた選手たちがなぜか巨人に移籍したらおとなしい選手になってしまったような気がしていたのは私だけではないでしょう。

投手にしてもそうですね。
前田幸長、門倉健、大竹寛そして杉内俊哉となぜか残念な選手の名前ばかりが浮かんできます。

皆、名前はビッグなんですよ。
それなりに活躍してきた選手たちですから。

でもなぜか巨人に移籍すると輝きを失ってしまうような気がしていました。

もっともFA権を行使するということは何年も前球団で活躍してピークかそれをやや過ぎた頃のタイミングですから、全盛期の活躍をそのまま期待しては酷ということはあります。

しかし、それでもやはり物足りない、その印象は否めません。

巨人はいったい彼らに幾らの年俸を払ってきたのでしょう。

それに見合うリターンはあったと考えているのでしょうか。

外国人の補強にしてもそうですね。

昔から大リーグで超大物と言われた選手とよく契約していましたが、どれほどの外国人選手が期待通り活躍したでしょうか。

ならば若手の育成はどうだったのかと言えば、これも決して成功しているとは言い難いような気がします。

広島カープなどは上手いですね。
どんどんと生え抜きの選手が主力に育っています。

金にあかした補強だけでは限界があると言わざるを得ないような気がします。

川相昌弘氏をクビにして良いのか!?

それなのに今年、巨人はとうとう川相昌弘さんを切ってしまいましたね。

3軍監督から2軍監督となり巨人の若手を育て着実に実績も上げていました。
イースタンリーグでは4連覇しています。

2軍戦てすから優勝することが目的ではありませんが、それでも個々の選手に力が付いていかなければ優勝はあり得ないでしょう。

川相昌弘さんは巨人という常に優勝争いを期待される球団の下支えをしっかりと勤めて来たのです。

それなのに巨人は原辰徳さんの3度目の監督就任のタイミングであっさりと川相さんを切ってしまいましたね。

川相さんが1軍のヘッドコーチ時代、監督だった原さんと確執があったという話もあります。
それで今回、原さんの3度目の監督就任に当り、事前に目の上のたんこぶを排除しておこうという球団の忖度があったのでしょうか。

川相昌弘さんと言えば、岡山県民からすると大スターです。

岡山南高校から巨人入り、努力と根性でショートのレギュラーの座を掴み、地味ながら2番打者として犠打の世界記録も打ち立てました。

川相さんの犠打のおかげで原さんは打点を稼ぐことがてきたのではなかったのでしょうか。

それはともかく、今後巨人は若手を無事育てて行けるのでしょうか。

若手の成長なくして常勝なし、ということばを一野球ファンとして送りたいと思います。