岡山は医療県

岡山県では知事の公約として教育県への復権を目指しています。
などと書くとこのサイトが岡山県の広報サイトかと思われてしまいそうですが、何の関係もありません。

で、昔は確かに教育に力を入れている県として全国でも有名だったようですが、昨今は全国学力テストの結果も芳しくなく、知事は何とか教育県として今一度復権を果たしたいと考えているようです。

それはそれで頑張っていただければと思いますが、生活者としての実感から言えば今や岡山県は「医療充実県」なのではないかと思っています。

スポンサードリンク




岡山県内の大病院

何を以て「大病院」とするのかは人それぞれかと思いますが、とりあえず数字で比較対象できるものとして病床数で考えてみましょう。
ここに全国病床数ランキング(2016年)というものがあります。
そのうち一般病床数ランキングによりますと
堂々の第1位 藤田保健衛生大学病院 ベッド数:1,384
愛知県豊明市
第2位 東京女子医科大学病院 ベッド数:1,324
東京都新宿区
第3位 東北大学病院 ベッド数:1,185
宮城県仙台市
第4位 九州大学病院 ベッド数:1,182
福岡県福岡市
第5位 東京大学医学部附属病院 ベッド数:1,163
東京都文京区
第6位 聖マリアンナ医科大学病院 ベッド数:1,156
神奈川県川崎市
第7位 川崎医科大学附属病院 ベッド数:1,154
岡山県倉敷市
第8位 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院 ベッド数:1,151
岡山県倉敷市
第9位 獨協医科大学病院 ベッド数:1,125
栃木県下都賀郡壬生町
第10位 杏林大学医学部付属病院 ベッド数:1,121
東京都三鷹市
以上のような結果となっております。
いかがでしょうか。岡山県からなんと2病院、ベスト10にランク入りしています。
東京が3病院、岡山県が2病院、あとは1病院ずつのランク入りですね。
人口比率を考えてみましょう。
東京都1300万人、岡山県190万人です。東京のわずか14.6%しか人口がいないんですね。
岡山県には大きな病院があるという一事実です。

 

その他岡山県内の大病院、有名病院

 

スポンサードリンク



今度は岡山県内のランキングを見てみましょう。
1位 川崎医科大学附属病院 1182 倉敷市松島577
2位 倉敷中央病院 1161 倉敷市美和1-1-1
3位 河田病院 688 岡山市北区富町2-15-21
4位 岡山医療センター(通称国立病院と言います) 609 岡山市北区田益1711-1
5位 慈圭病院 570 岡山市南区浦安本町100-2
6位 岡山済生会総合病院 553 岡山市北区伊福町1-17-18
7位 津山中央病院 535 津山市川崎1756
8位 岡山赤十字病院 500 岡山市北区青江2-1-1
9位 旭川荘療育・医療センター 422 岡山市北区祇園866
10位 岡山市立市民病院 400 岡山市北区北永瀬表町3-20-1
その他病床数100以上の病院が31病院あります。(平成29年現在)
いや~、どうでしょう。
これはかなり医療機関が充実していると言えるのではないでしょうか。
これだけ至る所に大病院があるということは私たち岡山県民は恵まれていますね。
もし、岡山に移住をお考えの方がいらっしゃいましたらこういったことも大きなポイントですね。

 

忘れちゃならない岡山大学附属病院

上記のランキングに入っていない超有名病院があります。
それが岡山大学病院です。
病床数961(2014年現在)を誇りますが何故ランキングに入っていないのかは不明です。
岡大病院が有名なのは何と言っても臓器移植の数々の成功例によるところが大きいでしょう。
中でも大藤剛宏教授は肺移植で世界的に有名な医師で、ハイブリッド肺移植や小児脳死肺移植、、またベトナム政府に請われて当地に赴き同国内で初となる生体両肺移植に成功したりとまさに世界の名医として活躍されています。

岡大病院の中はまるで病院の中に一つの町があるようです。コンビニあり、スターバックスあり、レストランあり、食堂あり。
縦横無尽に配置された廊下を人が常に往来しています。
私たち岡山県人の最後の頼みの綱はやはり岡大病院、と言ったところでしょうか。

スポンサードリンク