真庭市の人口、観光、イベント情報

岡山県の北部に位置する真庭市はH17. 3.31に上房(じょうぼう)郡北房(ほくぼう)町、真庭郡勝山町、落合町、湯原(ゆばら)町、久世(くせ)町、美甘(みかも)村、川上村、八束(やつか)村、中和(ちゅうか)村が合併してできた新しい市です。

ここでは真庭市について人口などの基本情報や観光地、イベント情報などをお伝えします。

余談ですが、八束村は横溝正史氏の名作「八つ墓村」の村の名称のモデルになったといわれています。

事件のモデルは昭和13年に岡山県の加茂村で実際に起こった「津山の30人殺し」という大量殺人事件です。

真庭市の人口等基本情報


真庭市役所の所在地は真庭市久世2927番地2です。

総面積828.53k㎡のうち林野の面積が655.19k㎡という実に80%が山林という地域です。

平成29年度現在の総人口は47,195人、うち65歳以上人口は17,170人で36.4%となっています。

主要な施策・事業として
○地域づくり推進事業 ○里山まにわの森林づくり事業
○ふるさと納税推進事業○認定こども園施設整備事業
○木材クラスター事業 ○FM告知システム導入事業
○地域資源を活用した交流・定住促進事業 ○真庭市未来を担う人応援基金事業
が挙げられます。

やはり、森林、木材に関する事業に力を入れているのが分かりますね。

その他ユニークな事業として
○公共交通運行地域組織育成モデル事業○本の香りのするまちづくり事業
○本を贈る事業○真庭なりわい塾事業○自転車健康づくり事業
○生ゴミ資源化地域産業創出事業○子どもの貧困対策事業
といったことに取り組んでいます。

真庭市の観光地・名所


真庭市は面積も広く、名所や観光地がたくさんあります。

名所・旧跡としては蒜山高原,神庭の滝,醍醐桜,湯原温泉,旧遷喬尋常小学校,クリエイト菅谷,津黒高原,コスモスの里,備中鍾乳穴,勝山町並み保存地区などが挙げられます。

その他祭りやイベントとして
桜まつり(4月),蒜山山開き(5月),露天風呂の日(6月26日),ホタル観賞月間(6月),大宮踊(7月),海の市・山の市(9月),勝山祭り喧嘩だんじり(10月),久世祭りだんじり喧嘩(10月),蒜山高原マラソン全国大会(10月),キャンドルファンタジー(12,2月),ひるぜん雪恋まつり(2月),北房ぶり市(2月),勝山のお雛まつり(3月),中津井雛の文化まつり(3月),花火大会(各地)
とバラエティに富んでおり1年中楽しめます。

真庭市の名物・特産


真庭市にはおいしいものや特産物がたくさんあります。

真庭ブランド(高田硯,郷原漆器,青大豆「キヨミドリ」,御前酒「ひるぜんの恵」,蒜山ヤマブドウ製品,とみはら茶(緑茶),紅こうじ米酢「紅酢」,落合羊羹(舟形),蒜山ジャージー乳製品,深山のかおり,久世代官梨,ひるぜんこだわり大根,富原銘茶,蒜山乳清シフォンケーキ,スムージー「真庭三昧」,ひるぜんがま細工,平飼鶏卵あさひの輝き,百花の雫,純米美作,GOZENSHU9(NINE),かつやま紅茶,ペレットクッキー,味噌屋清治郎,木製スーパーカー真庭),こけらずし,ピオーネ,ひるぜん焼そば,真庭ペレット,モコ製品
など県外に紹介したいものが目白押しです。

中でも蒜山ジャージー牛乳を使ったヨーグルト、コーヒー牛乳、シフォンケーキなどは全国的にも有名ですね。

また、蒜山焼きそばもB級グルメ選手権ですっかり全国区になってしまいました。
ほんと、おいしいですよ。